疑い怪獣につかまらないで!Doubt-Monsters!

疑い怪獣につかまらないで!
[Don’t Let the Doubt-Monsters Get You!]

Alexander Technique Cincinnati musicians

The Doubt-Monsters!

この一年くらいのこと、私は私自身のため、それから私の生徒達のために、否定的な思考の習慣のことを「疑い怪獣」と呼び始めました。この週末、私の12歳になる息子ラファエル(彼は今日のコンクールのための準備をしていました)を助けるために、このアイデアを利用する機会がありました。

ちょうど昨日の夜、彼がバイオリンの小品3曲の最後のおさらいをしているのを聴いていて、私はラファエルが「ドジった」ところから回復するのに苦労していることに気がつきました。

「疑い怪獣」についての私のお話の出番でした-小さな男の子にはとても訴えるところのお話ですが、もちろん私にとっても迫るものがあるお話です!

この時は、ラファエルは手強いパッセージで躓いていて、私には彼がミスに過剰な緊張で反応して眉をしかめているのが見えました。ラファエルが、起こったことを手放していなこと、それに、彼の反応がその後に続くパッセージにも影響を与え始めていることが私には分かりました。フラストレーションと不安が演奏に悪い影響を与え始めて、彼を押し下げていました。

私は疑い怪獣のことはとてもよく知っています。きっとあなたもそうでしょう。こんな感じのことを良く言っています。

「今のは本当にまずい!全然音が外れてるし、酷い音色。ああー信じられない。こんなこと前はやらかさなかったでしょう!あー次のパッセージもめちゃめちゃになり始めてるし。。。明日の準備が全然できていないわ。。。どうしてこれうまくいかないんだろう。どうやってこれを直したらいいのか検討もつかない。酷い。これは本当に酷い。。何でもっと上手く弾けないの?酷いバイオリニストだわ。誰だって私よりは上手。みんなこんな演奏はうんざりするわ。望みがないわね。本当に嘘っぱちな演奏。もうこれ以上はましにならないわ。何にもやった甲斐がないし、どこにも行けない。あんたって出来損ないだわ。。。」

それからあんなことやらこんなこと!!

けれど、これらは全部習慣です。そしてこのような考えは本当のあなた、あなたの最良の自己を反映してはいません。これは過去からの、特にあなた以外の人達からの古い声です。これは「疑い怪獣」が発しているものです!

もし勇敢な戦士が、怪獣に攻撃されていることに気がついたら、彼らは何をするでしょう?

逃げ出したりするかしら?いいえ!諦める?いいえ!固まっちゃう?いいえ!戦うかしら?その通り!

…うーん。ちょっとまって、、、本当に?私達が戦う?でも私って平和主義者なんですけど。争いは良くないですよね?

警告:こんな声が聞こえましたか?これは疑い怪獣のスパイです。忍び込んで来てるのですよ…!

いいえ。たとえ平和な、愛すべき人達だって、平和な戦士になることは学ぶ必要があります。

実は、疑い怪獣はあなたが反撃してくることを望んでいます。ただし、古いやり方-つまり私達がやろうとするあらゆることに干渉する、沢山の役に立たない過剰な緊張を作る方法で。でも、奇襲を仕掛けて、騙してやりましょうね。私達は、今回はあいつらに古い、予想通りのやり方、私達自身を否定的な考えで打ちのめしてしまう方法では反撃しません。今回は、私達はただ、あいつらには一切の注意を払わないことにしましょう。

私達は、今・此処に平和に生きることで疑い怪獣達と戦うのです。

疑い怪獣達は、あなたに過去に引っかかっていて欲しいのです。どんな風に失敗したか、どれほど酷かった等々。。。あいつらはあなたが間違えた音符1つを大きく拡大して、上手く演奏できた100の音符よりずっと大きく見えるようにしたがっているのです。あなたが現実を歪めることを望んでいるのです。疑い怪獣達はあなたを未来にも押し出そうとしています。そうしてあなたが不安になることを願っているのです。これから間違えるかもしれないあらゆることにあなたが焦点を合わせるようにしたがっているのです。あいつらが本当にあなたにしてほしくないこと。それはたった今は何もかもが上手くいっているということに気づくことなのです。

あいつらの使命は、現在の素晴らしさにあなたが気付くのを妨害することなのです。

あなたの仕事はそれに気づくこと。そして、疑い怪獣に向かって、毅然として即座の確信を持って、ただNoと言うことです。分別の剣を手に持って、あいつらの首を刎ねてやりましょう。見つけ次第に一匹ずつ。今すぐに。(私の言葉を疑ってますか?それがチャンスです!ためらわず、あなたの最初の疑い怪獣の首を刎ねてやりましょう。すぐに!やってみましょう。あなたの美しい人生の現在という瞬間を味わいましょう!)

ラファエルと私が発見したことですが、「No」に「W」を付けてあげるとそれだけで「NOW」(現在)になるんです。

今こそあなたの内なる平和な戦士(それとも女戦士笑?)、神(それとも女神)に出会い、疑い怪獣との戦を始める時です。あなたはリラックスして、あなたの演奏と人生に相応しい全てのものを愛することができます。今すぐに。思いっきり楽しみましょう!

ラファエルは教訓を得ました。今日の私は誇り高い母親です。彼は疑い怪獣を攻撃することを楽しんで、戦いに勝利しました。ラファエルがコンクールで「優秀」な成績を収めたかどうかは関係ありません。彼が自分の内面で勝ち得たものには遙かに優れた価値があるのです。

あなたの今日の疑い怪獣との戦いはどんな感じですか?

Help a musician – please share this post!   If you enjoy reading this blog, subscribe via email and sign up for our newsletter on the right. Thanks for your support!

音楽家を助けましょう。ぜひこの投稿をシェアしてください!もしこのブログをお楽しみ頂けているようでしたらメールでもぜひご購読ください。右側のニュースレターにご登録下さい。みなさまのご支援に感謝いたします。

 

Doubt-monsters image courtesy of AKARAKINGDOMS / FreeDigitalPhotos.net
疑い怪獣(Doubt-monsters)の画像はAKARAKINGDOMSのご好意により使用しています/FreeDigitalPhotos.net

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *